ギャルサー 最終回!!

 日テレ系ドラマギャルサー
 
 今日、最終回でしたね〜〜
毎回笑ったり、ジーンとしたり...ほんと楽しかった♪
 最終回に向けての番宣で直人さんんも言っていましたが、小学生をはじめ、10代の方達にかなりの人気だそうで、大人の方には取っ付きにくいかも知れませんが勇気をもって観て欲しい(笑)って。
 
 たしかに、大人からすれば、ギャルがチャラチャラと出てきてキレまくって。そしてベタなカウボーイが出てきて、“そんなのは、あたりまえだよね”っていうようなメッセージを投げかけてくる、一見ばからしい感じのドラマ。
  でも、シンプルに投げかけてくるメーッセージは、日々、なかなか心がけたり、気づいたりしなかったりする内容でもあるんだよね。
    渋谷で生きる、家に帰らなかったりする、人生の迷子になってしまったギャル達が主人公だけど、大人も迷子というか、何かに気づいて軌道修正していくよね。
   深くは考えないけど(爆)、フッと大事な事を気づかせてくれるドラマで、笑い満載でシンプルな感じが土曜にぴったりなドラマだったな♪

 最終回は、
シンノスケが死んじゃうんじゃないかと思って、オープニング5分位で泣いてた(爆...泣くのはまだ早かった)
 
 「おっさん! 死ぬなよ〜! 代わりに私の命やるから〜〜!」
と言うサキに、

「命を祖末にする...ヨクナイ...」
と言って生き返るシンノスケ.....(*”0”*)その時アップになる口元が素敵(//▽//)

「一人で生きてきたと思うな。お前のお母さん、お父さんに失礼だ」
と続けるシンノスケ。
 そして、彼の復活をみんな笑顔で喜ぶ。大人もギャルも一緒に♪
*****************
「前から不思議だったんだけど....なんでその帽子取らないの?」
と言うサキに、 ハッとしてムッとして帽子を押さえるシンノスケ。
「いいじゃん友達だろ〜教えてよ。」
というサキに、
いたずらっぽい笑顔をして、
「(帽子を指差して)お守りが入ってる。アリゾナのマムが縫い付けてくれた」

この時のシンノスケの笑顔、大好き♪
*******************
ヘリで帰ろうとするシーン。
追いかけてきて、ここにいろよ!と止める娘達。
ヘリから真面目なまっすぐな顔して降りてくるシンノスケ(かっこいい〜〜〜!)
だまって行くなんて....この町にはおっさんが必要なんだよ!。。。と言葉を口々に投げかける娘達。
そして、ギャルによってたかって「おっさん!..おっさん....おっさん!....」と連呼されてる直ちゃん
...じゃなかったシンノスケがなんだか可笑しかった(笑)

シンノスケ、
「お前達、俺の命を救ってくれた。ありがとう、とても感謝している。
でも、俺は、この町がきらいだ。

この町、食べ物をゴミのようにする。それに慣れた人間、やがて、それに感謝しなくなる。
 この町、家に帰らなくても生きていける。それに慣れた人間、やがて親に感謝しなくなる。
この町、夜でも灯りがついている。それに慣れた人間、やがて、太陽に感謝しなくなる。
この町は、お前達の町だ。お前達がなんとかしろ。」

「何言ってんだよ。わけわかんねぇよ! アタシらはどうすりゃいいんだよ!
自分が何したいのかもわかんねぇのに、おっさんの居なくなったこの町でどうやって生きていけばいいんだよ。」
と言うサキ達に、
シンノスケは、
「この町、星がいらないほど明るい。でも、迷子のような娘達、たくさんいる。」
と言って、
投げ縄で、雷をつかまえて(*”0”*)明るい渋谷の町の電気を落とすシンノスケ。
 先日の日記にも書きましたが、「キャンドルナイト」が使われたのか?と思いました。

「空を見よ!  空には星がある。
かならず、お前達の歩く星、照らしてくれる。
それは、一人一人、違う星だ。
  それを見つけろ。
見つかったら、もう、道に迷わない。」

そう言って、ヘリに乗って、娘達を優しい眼差しで見下ろしながら帰るシンノスケ、
(この時の優しい表情が大好きなの〜〜〜〜)
この時、帽子をさりげなく置いていくシンノスケ。頭のてっぺんは画面から見切れてる(笑)
あくまでもてっぺんは見せないのね〜〜(演出のこだわりかしら....笑)

ネット上のファンクラブの会員限定のページには、
海岸風景がアップされてたんだけど、
最後は海〜〜〜〜??
 って思ってたら、海中シーン→海の中からダイビングスーツで登場(笑)
そして、帽子を奪うなり帽子を被って海の中へ勢いよく潜り、
帽子の下から再びカウボーイルックで海の中から勢い良く登場(大爆笑)
  全身濡れたままのカウボーイルックで、帽子も斜めったままセリフを発する直ちゃんに役者魂を感じました(笑)
    ....ダイビングやっててよかったね、直ちゃん。

ギャル達が、今それぞれの職業の服で、海岸で、太陽の光を浴びながら、
シンノスケと踊るパラパラ(エンディング)
  ギャルとカウボーイの友情が感じられるエンディングといったところでしょうか。

爽やかで素敵でした♪
このドラマの最後のテーマで大事な事は

感謝
だよね。
[PR]

by nao-bon51 | 2006-06-25 00:03 | 藤木直人

<< ヨーロッパツアーファイナル!! コラーゲン摂取♪ >>