サッカー観戦と僕らの音楽と歯痛。

 昨日は夕方に歯医者に行って、
親知らずを一気に2本抜きました(T_T)
あ〜〜〜〜〜怖かった〜(泣)
骨を削るかも...って言われていたのですが、
削らなくて済んでよかった〜
 麻酔が効く前に頭が痛くてクラクラして血の気がひいていくので
先生に言ったら
先生「そんな薬は打ってませんよ〜リラックスしてくださいね〜(^^)」って(爆)
先生が手首を触りながら「脈が落ち着いたらやりますから、無になってゆったりしてくださ〜い」と。
心臓がバクバクするのがやっと落ち着いて(*_*)
目が回ってる間に2本スピーディーに抜いて下さいました。

出血も止まって、
下がったテンション(爆)もやっと上がって。

昨日は歯が痛くて眠れずにサッカー観戦したらちょっと盛り上がった〜
今朝は、録画した「僕らの音楽」観ました♪
直人のVOICE(FCのみ)見たら、
直人もサッカー観ていたのね〜〜(ちょっと嬉しい♪)VIVA歯痛(笑)
で、自分の出演番組は観るのと録画と書くの忘れたのね
(って次の日わざわざ謝るのが律儀っていうか、かわいい〜笑)

「僕らの音楽」は“いきものがかり”のトークゲストとして出演。
「俳優」としての出演。
同じ事務所の先輩と後輩。
事務所で音楽の仕事として大きなライブまでやり遂げたのは直人が最初だものね。
スタッフも直人と築き上げた道を後輩に引き継いでいるんだろうね〜
 つっこみながらもフレンドリーに、気遣いもありながらフランクに喋る直人は
ライブのMCの時に“身内っぽい”喋りをする時とちょっと似てる様な気がして
嬉しかった〜〜
 “いきものがかり”の曲を初めて聴いたのはライブだったのだけど、
何年も前にCUBE主催のライブでお披露目?!で歌ったのを聴いた時、
ボーカルが印象的だったのを覚えています。(無料だったのと、kengoくん目当てで行きました)
(2004年渋谷BOXX「cubit club presents 〜 musicube vol.1 〜」)
その後こんなにヒットするとは〜〜〜
先輩の背中を見てきた後輩と、後輩の成功に対して自分は謙虚な先輩。

音楽も俳優もトークもやっててスイッチが違うのを聞くきよえちゃんに、
その場のお仕事に入るだけで、そんなに大変な事じゃなくて...
でも俳優やって15?16年?...自分も時間かかってここまできて多少の事は出来ないとね(笑)
と謙遜するも、
 「俺の中ではやっぱりこうテレビドラマでね、頑張らなきゃいけない...
それが一番メインの事なんだって思ってるんだけど..そういう覚悟はあるのかもしれない、
自信じゃなくてね...」
という言葉には色んな想いがあるような気がします...
直人の音楽活動の方が好きな私だからか? ...胸の奥がちょっとチクッとしたかな...

 努力して、歌も魅力的で、ギターめっちゃ上手くて、ライブがほんとよいのに、
安易な露出で評価されてしまうというか、一般的な評価の中に厳しいものが
あるのも受け止めているよね...、
それでも楽しみにしているファンの元へライブで度々音楽モードに
なって戻ってきてくれる彼が...

大好きだー♪(←結局言いたいのは一緒...笑)
[PR]

by nao-bon51 | 2011-01-23 00:06 | 藤木直人

<< 禁酒です。 皮パン。 >>