ホタルノヒカリ2 第8夜 

もう、明日は9夜の放送ですが、今頃感想〜♪

 二人の男にも、そしてホタルにもモヤモヤする〜
一週間が長いです。
今日は、浅草でお友達と買った亀十のどら焼きをおめざにして、
(一個315円はちょっと高いどら焼きですが、手作りの絶品どら焼き。
雷門の斜め前の店です。
パンケーキみたいな生地であんこの甘さが丁度いいんです♪昼間には並んでいる時も。
黒あん、白あんありますが、白あん美味し過ぎです。)

食べながら、お茶飲んで、午前中いっぱいずっと8話を観て過ごしました(ああ〜充実〜♪)
c0031467_2144926.jpg

 で、ドラマは冒頭から酔っぱらいのホタルちゃん(爆)
パート1の酔っぱらいぶちょおも可愛く、色っぽかったですが、
ホタルも可愛い〜
酔った失言に、お酒のビンを抱えて、こいつのせいです!と言いながら「ぼくで〜す!」
と声を変えて言うんだけど、“踊る さんま御殿”に出た時の、
井出くんの物まねみたいだよね(笑)
 その、井手くんは、番組で臼田さんに告白して、
ドラマでも途中から、桜木(臼田さん)さんにドキドキする設定になってるし(笑)

 気持ちの面では、小夏が気になったり、ぶちょおの言葉に安心したり、不安になったり...
仕事に対しては人の為に全力を注いで精一杯成功を喜んで。
(しかも、自分を好きな瀬乃くんと飲んで朝まで〜)

家でも、「ぶちょおの為」というキーワードには仕事のようにテキパキと頑張ってこなそうとするが、
そうでないなら、うちの親なら大丈夫って一気に干し物めんどくさいモードに(^^;
ぶちょおは、「ホタルのご両親の為にもちゃんと...」と言って、ホタルの両親の事も
全部きちんと...心からきちんときちんと考えてて。

 ホタルは、自分の事を全部受け入れてくれるぶちょお(両親も)の前では、
その気持ちに甘えてばかり...
ぶちょおと一緒に居たいという気持ちだけではなくて、
結婚に向かって大切な事をちゃんと考えてない感じ...
余裕こいてたら、ぶちょおが家を出ちゃうし(泣)

ふざけたシーンで、寝ながらテーブルのおせんべいを取りに行くところで(笑)
『甘えるな、自分で取れ!自分で取って、自分の足でしっかり歩いて戻って来い!』
っていう言葉が実は重要なセリフだったとは(笑)

 ぶちょおは、仕事に一生懸命なホタルを認めているから何も言わないし。
式場に行くのも、婚約指輪を買いに行く予定も仕事ですっぽかされ。
ずっと待ってたのに、『2秒ほど待ってやった』って(泣)
部下でもある、瀬乃の事も気になって、許せない自分にも戸惑ってるんじゃないかな。

『相手を受け入れる事で自分が成長する。人が人を好きになるってことは、そういう事だと思う。』
ぶちょおは、ホタルにこう言って。
ホタルもこの言葉に気が付いて行動するんだけど、
気持ちが置き去りになってる...。

 『君にはかなわない。』
ぶちょおが出て行く時の言葉。
私は、夫婦喧嘩の時に使う言葉ですが何か(爆)
ぶちょおの焦りのような、あきらめのような、強がりのような、言葉。
自分の気持ちを一人で整理したい気持ち...なんとなくわかる〜
 これで、ホタルは考えるでしょう〜。
予告で、小夏さんが「いつまでこんな事してるつもり?」とけしかけるし、
瀬乃さんも、ちゃらいけど(爆)ここでホタルの為にぶちょおを煽る...というような、
方向であって欲しい。ずっとイライラする存在なので(^^;
(向井くんのさわやかさに救われてる〜)
ホタルは考えて考えて、ぶちょおの為に...って一旦は変な方向に話が進むのかな(苦笑)
見えてない、お互いのきもちが伝わるのでしょうか?

『君を、嫌いになったわけじゃないから』
って、切ないけど、かっこいい〜〜〜〜ぶちょお〜!

ぶちょおの腹が割れていた?!のが気になります。
チラ見せすぎです(//▽//)
それで、野獣がとか...また言葉で倒れそうです(笑)

 話の展開が見えなくて、ほんとに楽しみ〜〜〜
主題歌もドラマの内容とリンクしてるかのようで泣けます〜〜
「君がいる」(歌詞&ギターコード)
[PR]

by nao-bon51 | 2010-08-31 21:44 | 藤木直人

<< 焼きたて〜♪ 伸びてる〜 >>