『夜光の階段』最終回

 ハラハラしながら観た最終回は、
空気がガラッと法廷シーンが多かったので緊迫した空気感で、
観終わったあと、軽い脱力感(笑)

 佐山道夫が一番人間らしく見えた回でした。
7話の最後、突然登場した母でしたが、
ラストに向かって、佐山の表情も段々毒が取れて葛藤し、哀れになっていくのが切なかった~
幸子との純愛が描かれるのかと当初思っていましたが、フジ子だったんですね~

 道夫の野望の為に自らの命を断とうとするフジ子を目の前にやっと気が付いたのか、
正直にすべてを話して自分の野望を捨てて、フジ子を取った道夫。
 ボートの船着き場で抱きしめた時の道夫は涙目だった~(T_T)。。。
きれいだった~。
フジ子が湖にドボンした時もビックリしたけど、
道夫が湖に頭から飛びこんだ時は、
道夫じゃなくて直人ぉ~~!(@@)とビックリしてしまったよ~

お葬式シーンは一瞬、喪服姿に見とれてしまった(爆)

 道夫は悪い男だけど、
警察の醜さも描かれていたよね~
画面観ながらかなり吠えてました、私(爆)

法廷のシーンは、
セリフひとつひとつで揺れ動く道夫の表情に息をのみました。
直人の表情の演技ってほんと凄い。
 桑山に母の事を切り出されて、
全て降参したような、あきらめもあり、母への想いもあり、
でも、しっかりと前を見て、堂々と自供する姿とフジ子を愛する気持ちが胸にズシンときました(T_T)

最後の雨を見上げて終るシーンはキレイなのが余計に哀れにみえました。
道夫は最後まで太陽のしたで自由になる事はなかったのね。。。
野望も愛する人も母も失った道夫。
いっそフジ子と死んでほしかった~~(爆)

欲をいえば、
元々9話までだったけど11話くらいまでほしかった~
もっとじっくり描いてほしい部分が沢山ありました。

 また演技上手くなったよね..直人。
次の役はなんだろう~。楽しみ♪
 
[PR]

by nao-bon51 | 2009-06-19 07:38 | 藤木直人

<< キャンドルナイト♪ ニルバーナ >>