雨の季節になりました♪

アルバム『∞Octave』1曲目の「Steppin' Stone」
ポップロックで爽快なギターのカッティングが心地いい曲、
“辛いけど頑張ってんだぜ〜”的な曲...
井手コウジさんが書いた曲。
井手さん曰く、直人と年が近いせいか書いた曲を一緒に作品にすると
伝えたいメッセージが同じ世代にリアルに響いてくるんだそう〜

...そっか〜だからなんだか胸が苦しいのね(笑)

サビの部分の

“胸を打つ鼓動 
痛い 痛い 痛い 痛い 痛い 痛いけど
歯を食いしばってんだ 僕であるため
道なき道で悩んでたって
いつまでたったって進みゃしないのさ
風吹くまま転がればいい
Just Like A Steppin' Stone”



“生きてく意味をギターに乗せて
歌う 歌う 歌う Blues Man
SOSのサインをだれかキャッチして
もっと自分を好きになれる明日が来なきゃやってらんないのさ
気が向くまま転がればいい
Just Like A Steppin' Stone”

が、
ノリがいいんだけど、胸がきゅんとなります。
c0031467_1114972.jpg

なつかしー♪
バージョン3.0のライブのパンフです。レコードジャケット仕様。
くしゃっとした笑顔が素敵です。

表紙のタイトルの手書きの様な文字がかわいい〜(笑)
彼っぽい(爆)

“藤”の左にある炎のようなNFマーク、結構好きなんだけど、
最近使ってくれませんね〜

ちなみに、3.0のライブは行っておりません(^^;
3.0と4.0の間の、年末のアミューズ主催のカウントダウンライブが最初でした。
パシフィコ横浜でした。
アミューズのカウントダウンライブですが、サザンや福山さんは、ご自身のライブなどの理由で欠席でした。
直ちゃんが在籍する事務所のCUBEはアミューズではないけど、アミューズを出た方が作った会社。
司会のアシスタントに中越さんも参加して(ゴシゴシ)と呼ばれていたり。

会場のグッツ売り場もかなりの人だかりで直ちゃんのコーナーだけかなりの行列。
若手など色々なライブを観た後、直ちゃん登場でかなりの歓声と総立ちでした。
 ポルノグラフィティがトリだったかな?!
最後はカウントダウンで、皆でブルーハーツのトレイントレインを歌ったり♪

 この時思ったのは、
CDより歌上手いじゃん! ギター好き、じゃん!
CDだけだとピンと来るのに時間かかったけど(爆)、なんかいいじゃんいいじゃん〜って。
数曲だけだったけど「楽しい〜っ!」って感じたので、
帰りに旦那がトイレ行ってる間にファンクラブ入会申し込みしちゃった(笑)

あれから何年も経っているけど、
武道館より、フォーラムは特別な場所だと思うファンが多いんじゃないかな〜
“やっとここまで来たよね”って場所がフォーラム。

つづき↓



東京だけで言うと、
0.0ライブから、
2000年の春に渋谷のegg-man(地下のライブハウス)

2000年の秋に渋谷のON AIR WEST(ちなみにEASTが一番大きい)

2000年12月と2001年2月にON AIR EAST(EASTで始まり、EASTで終るツアー)

2001年7月、東京厚生年金会館(東京、初のホール?!)
★2001年8月、渋谷公会堂★(egg-manから道路を越えて渋公へ〜)

2002年5月、渋谷公会堂
2002年6月、東京国際フォーラム ホールA(追加公演〜〜。゜゜(´□`。)°゜。)

2003年7月、東京国際フォーラム ホールA

2004年8月野外ライブ

2005年2月東京国際フォーラム ホールA

2006年10月武道館(。゜゜(´□`。)°゜。)

2007年12月武道館

2009年7月東京国際フォーラム ホールA (2DAYS)

[PR]

by nao-bon51 | 2009-06-16 22:11 | 藤木直人

<< ニルバーナ 横須賀帰り~♪ >>