討ち入り?!(笑)

c0031467_17521327.jpg

 今日は、ちょっと討ち入り(笑)というか、吉良上野介邸に行ってきました。(写真)
時代劇は嫌いじゃないけど、日本の歴史物には弱く、NHKの大河とか観てもよくわからなかったりする(^^;
 そんな私だったのですが、「冬の絵空」を観劇してなんか興味が湧いてきて(笑)
調べてたら赤穂浪士、大石内蔵助達が討ち入りした吉良上野介(きらこうずけのすけ)邸が両国にあるではないですか!!(家からわりと近い〜〜)
  両国駅を降りて、昨日の舞台を思い出しながら、大石内蔵助というよりも宗十朗気分で10分弱お散歩したらすぐ着きました♪
 元は膨大な敷地だった吉良邸の跡地の一角に再現されたものだそう(76ぶんの1サイズ)
本所松坂町公園となっていますが、赤穂浪士が吉良の首を洗ったという井戸もありましたが、なんだか井戸写真はためらってとりませんでした(^^;
 こじんまりと静かな独特の雰囲気のある公園でした。
 
c0031467_1749333.jpg

 で、先日の日記にも書いた通り、昨日も観て来た「冬の絵空」(昼の部)
 前の晩観てから時間が空いてないので、頭の中でラストの曲がグルグルとまわったまんまで、また会いにいきました。
 職場から駆けつけて、ロビーでおにぎり食べていたら久々のお友達にも偶然再会♪
会えて嬉しかった〜(^^*)




★昨日、観た時に、“あれ? なんか臭い??”って思って(笑)
私が臭いの??なんて自分の服の匂い嗅いだりしたのですが(爆)
 調べたら、時代劇の役者さん独特の匂いなんですね〜
っていうことは直人からも匂いが??(笑)
 だとしたら匂いじゃなくて“香り”だね(←あほ)

討ち入りの時に煙の匂いもしたね〜。
一昨日の夜の部は奥からやってくる煙が二割増だったような(笑)
 奥がよく見えないけど、煙の中から出てくる橋本じゅんさんのかっこよさも二割増でした♪

昨日は前から2列目だったので、役者さん達の息遣いもわかるし、自分から宗十朗(直人)までの距離が近いっ!!
「目ぇ〜〜が見え・・・・・過ぎです」byおかる風(笑)

興奮したけど、ライブほどの異常な興奮はなく(笑)、それは彼がもう役になりきっていて、自分も話に引き込まれていたせいかな。
 切ない、細かい演技にうっとり...

★昨日は切ない女優陣の演技で泣いてしまいましたが、
きょうは宗十朗がせつなくて(涙)

ほんまもんとはなんですかっっ?

 どうやったら証がたつんですかっ?

(殺陣)...どうですかっ? 
(殺陣)...どうですかぃ?


 もはや大石内蔵助を演じる役者としての意地? いや芝居ではなく、
頑張っているのに戦いながらどうやったら本物と認めてもらえるのか苦悩して、
 大石内蔵助ではなく宗十朗として戦っているのかな?...(涙)
 そんな宗十朗におかるが舞台上方から
「宗十朗さん...」(←たぶん)「大石さまぁ〜〜〜!」
と言っているのだけど(宗十朗だとも気づいているよね?)
(遅いよー!)

...彼は死んでしまった...死んで証が立った?(泣)

殺陣はね〜〜もっと対面で戦うシーンが見たかったな〜

★そうそう、
天野屋が「宗十朗はん、おかる・・・あんたにやる!」
って言った時の、

宗十朗の 「えっ?」

が、ドラマの演技の時(特にナースの高杉で連発)にも見られる「えっ?」だったのできゃ〜!

 “生「えっ?」”が見れるとは〜〜(マニアックでごめんね...笑)

★あとは、演技のなかの息遣い。
悔しそうに、息を強く吐いて立ち去る時や(ツバが飛ぶのも見えた)、やりきれない気持ちのため息。
繊細な細かい演技をする直人。 舞台だから表現も若干大きめ?なんだけど、それがかっこいい〜

もちろん、天野屋(生瀬さん)からは邪悪なため息(笑)
突っ走りがちな堀部(内田滋くん)も爽やかだった〜
シロ役の片桐仁さんは笑かしているんだけど、シリアスで客観的に見ていたり、顔面パワーも凄かった〜顔も大きい。私は色っぽい印象も受けました。

で、来週も仕事帰りに会いに行きます♪
今週からMY Birthdayスペシャル週間です(笑)
[PR]

by nao-bon51 | 2009-01-16 17:49 | 藤木直人

<< 色は匂へど 散りぬるを... ‘冬の絵空’夜の部観ました♪ >>